男性ホルモンを抑制しながら同時に血行促進

現在、男性型脱毛症に最も有効な手段として使われるのがプロペシアと言う服用薬です。

この薬は、男性ホルモンを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を阻害します。

それによって発毛サイクルを正常値に戻し、発毛を促す訳です。

しかし、この薬品だけではむしろ受動的に髪の毛が生える事を待つだけになります。

そこで、最近最もポピュラーな方策として多くの人が行っているのが、このプロペシアとミノキシジルと言う薬品の併用です。

ミノキシジルは元々高血圧の薬として普通に処方されていた薬です。

血管を拡張し、血流を良くすることで血管内の圧迫を少なくし高血圧を軽減するのです。

しかし、近年この血流を良くすると言う事の副産物として、頭皮や頭髪にまで血行が促進される事が判りました。

偶然ではあるのですが、その事で薄毛抜毛にまで効果がある事が判ったのです。

その為、現在は禿げの薬としてミノキシジルが使用される事は少なくないのです。

プロペシアとの併用でより効果を発揮します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です