男性型脱毛症には男性ホルモンの抑制をする

男性型脱毛症の原因ジヒドロテストステロンは抑制出来ません。

そこで、現在最も有効な手段として使われているのが、男性ホルモンの抑制です。

男性ホルモンさえ少なければ、脱毛の要因であるジヒドロテストステロンの生成も少なくなるのです。

専門医に薄毛抜毛の相談に行くと、必ず処方されるのがプロペシアと言う薬品です。

これは塗布薬では無く、服用薬になります。

プロペシアは、男性ホルモンを抑制する薬になります。

男性ホルモンの分泌を正常にすることでジヒドロテストステロンの生成を抑制し発毛サイクルを正常に戻すのです。

それによって抜毛サイクルが遅くなり、発毛サイクルが早まります。

それで少しずつではありますが、発毛が抜毛に追い付き増毛していくのです。

男性型脱毛症に有効な手段として現在最も有効視され、最も使われるのがこの手法なのです。

保険適用外ではありますが、医者へ行けばプロペシアは簡単に手に入れる事が出来ます。

もちろん、診察する必要はあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です