男性型脱毛症のメカニズム

頭頂部や前頭部の禿げは男性型脱毛症が大きな原因です。

今や遺伝で禿げになると言う考え方はあまり主流とは言えません。

男性型脱毛症とは、男性ホルモンの過多や、分泌異常が引き金になります。

男性ホルモンが元々体内にある5aリダクターゼと言う還元酵素と結び付く事で作られるジヒドロテストステロンが原因なのです。

このジヒドロテストステロンは、強力な脱毛力を持っており、発毛サイクルを著しく狂わせます。

発毛サイクルが狂う事で、抜毛サイクルが早まり、発毛サイクルが遅くなるのです。

抜毛だけが多くなり、中々発毛してこないことで薄毛になっていくのです。

現在のところ、ジヒドロテストステロンを抑制したり、無効化する方法は開発されていません。

では、これを防ぐ事ができないのでしょうか?

結論から言うと、ジヒドロテストステロンが生成する前の段階で抑制してしまえば解消出来ます。

現在は、男性ホルモンの抑制若しくは5aリダクターゼの働きを阻害することで解決しようと言うのが主流なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です